こぼれ話

【現金な】‘現金の話’

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビックリ&ありがたい!

「お金あるの?10万円用意しておいたから、送るから住所教えて!!!」

母の友人の一言。

詳しいシチュエーションや細かい言葉は覚えていませんが、父が旅先で倒れ、すぐに来るようにとの呼び出しの後、急遽、会う約束があったのを断るため連絡を入れた時、近くに住む母が小学校からの同級生が、その時にその方がかけてくれた言葉です。

これには母と二人で、びっくり大笑い。いやはやストレートで何よりもありがたい言葉でした。

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_m

 

 

 

 

 

介護の経験から出た言葉

もちろんご本人はいたってまじめで、

「遠方だし、必要なのは何より現金。あっても邪魔にはならないし、ちょっとしたことでもないと困る。土地が違えば銀行もないこともあるから。」

と、ご説明をいただいた。

やはり、ご家族の方が遠方にいらして時々、介護に行っているとのこと。経験からいただいた本当にありがたい、一言。

父が倒れた10年と少し前だとまだまだコンビニのATM機も今ほどない時代。

 

お金の話をすることはやはりタブーのようなことがあるけれど、緊急の場合にはこれは本当にありがたいことでした。

 68c9929ce61c166019cc0b5b43d6f520_m

 

 

 

 

介護はきれい事だけではない

 母の小学校からの仲のよい同級生であり、気心の知れた仲であるから言えるのだけれど、きれいごとだけでは片付かない、そして意外とすぐに直面する、生活と密接な関係にあること。

何より母の友人の豪快さと優しさに元気をいただきました。

 

生活とは切っても切れないでも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加