コラム

介護の前に考えておきたい心構え・準備について VOL1.自分のライフプランについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

‘介護’の前にしておきたい事をご紹介します。

 

介護が始まると、何かと決めなくてはならないことがたくさん出てきます。

親の介護が必要になって慌てないために考えておきたい事をご紹介します。

 

VOL1.自分のライフプランについて

まず、考えておきたいことは自分自身のライフプランです。

親の介護なのに、自分のこと?と思われるかもしれませんが、とっても大事なことです。

昨今、話題の年金の問題にも大いに関わってきます。

親の介護のために仕事を辞める選択をすれば、年金の金額も変わってきます。

 

また、人生100年が当たり前の時代です。定年退職してからさらに、勤めていた年数と同じくらいの年数を過ごすのです。

親の介護のために早くに仕事を辞めてしまうと、定年後の人生がもっと早く訪れることになります。社会に属さない時間が長くなるのです。

介護が終わったらどうにかなる!と思っても、介護期間は何年続くかわかりません。

終わったときには、仕事をしていないブランクにより再就職が難しい現実があります。

いつか来るかもしれない介護のために、今から準備なんて面倒くさい。

と、思うかもしれませんが、介護のためだけではなく、自分自身の後半の人生のためにも、ライフプランを考えておきたいものです。

 

ライフプランで考えておきたいこと

  1. 今から100歳まで生きるとすると西暦何年まで生きるのか?
  2. 定年まであと何年あり、どんな仕事をしたいのか?
  3. 部署の移動や転勤があるとすればいつごろか?
  4. 家のローンは何年後まで払うのか?
  5. 定年後はどのように過ごしたいのか?

 

ライフプランについてもっと考えておきたいことはありますが、まずざっくり自分のライフプランを考えてみてください。

人生100年

長いのか、短いのか皆目見当もつきません。

それでも、確実なのは人生が長くなってものびたのは、春時代ではなく老いた後の時間なのです。

親の介護と自分の人生、介護を通して一度考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*