コラム

年を重ねると? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。

生きてきた年月が違うし生きてきた年代が違うのだから当たり前なことではあるのかけれど。

今は平和だと言われる時代であり、なんでも物が揃う時代だけれど、特に祖父母の世代に戦争があったのだ。生きることに必死さが今とは違ったのかもしれない。

数年前に亡くなった祖母に関しては戦前のことをよく話をしていたのを覚えている。大変な時代に子供を5人育ててきたのだ。ちょっとやそっとのことでは動じないし、なんというかたくましさが違うのだ。孫なんか当たり前、娘も息子もよその人でさえ手の上で転がされているような、何というか、いい意味でのずるさがあるのだ。

自分の家族や親戚はもちろんのこと、人を使ううまさや、何というか取り込むうまさは、感心しきりである。もともとの性格も大いにあるのだと思うけれど、これは年を重ね、少し認知症の症状がみられるようになってもあまり変わらない。

そして、それぞれの得意や不得意を見極め、上手にそれぞれに特に子供たちを役割分担をさせ動かすのだ。娘である私の母はそれを理解したうえで、仕方ないし当然だと思って祖母の対応をしていた。職業柄もあるのだと思う。

叔父や叔母とそのことについて話し合ったことがないので、どう思っているかはわからないけれど、私から見ると、いつまでたっても小さな子供と親のそれ。きっと、叔父や叔母が子供のころから変わっていないのだろうと、思う。

 

たくさんの高齢者にお会いしてきたが、皆さまそれぞれに灰汁がり、そしてそれ以上に魅力がある。

共通して言えることはきっと、いい意味でしたたかであること。

こちらがうまくなだめてすかしているつもりでも、実際は逆である。相手には見抜かれそれを承知のうえで付き合っていただいているんだなぁと、いつも高齢の方と接するたびに思っている。

もちろん、負かそうとか、だまそうとか考えているわけではないので、楽しくコミュニケーションをとれるのだが、年を重ねるということは体力や気力がなくなることでもあり、“生きる!”ということに本能で執着し、研ぎ澄まされた修行の境地なのかもしれない。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*