コラム

高齢化と免許

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近よく耳にするニュースの一つが高齢者による自動車事故。

認知症と診断された人が運転をしてガードレールにぶつけてしまったり、薬局に乗り込んでしまったというニュース等々、きっとニュースで耳にするのは氷山の一角なのだと思います。

 難しいのが、特に地方での生活。車がなければ必要な買いができなかったり、引きこもってしまったり、何処にも行けない状況を生んでしまうこともあるのです。

必要なものを買いに行けない等、買い物難民になったり、日常生活冴え難しくなってしまうという問題もあるのです。b59a210cd78374cfe98bdbede1c5ac17_m

 しかし、車を運転するということ、そして事故を起こすということは加害者になる可能性もあるのです。ハンドル操作を誤った、アクセルとブレーキを誤って踏んだ、後ろに子供がいるのがわからずバックしてしまった、立体駐車場から車が転落したというニュースもありました。そう考えると、取り返しのつかない事故を起こす前に車に乗らない、免許証を返納するということを考えておいた方がいいのだとは思います。

 ただ返納するということは難しいと福井県では免許証供養を行う取り組みを始めたそうです。返納するだけではなかなかできないということで、供養という形をとっているとのこと。ただ返すよりも、自分で心の整理をつけるために儀式があるのは一つのきっかけになるのかもしれません。

 

 残念ながら判断が遅くなっての事故で大惨事になってしまうということも多くあるようです。運転しないということが生活に与える影響の大きさ、特に郊外であれば車がない生活は考えにくいと思います。それでも、老いるということがどのような状況になっていくことなのか、それにより起こるかもしれない事故などについてきちんと向き合わなければならないと思います。加害者になる前に。

≪参考≫

NHKクローズアップ現代:運転し続けたい

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3527/1.html

読みドクター:免許供養

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160623-OYTET50023/

https://www.sekisuiheim.com/spcontent/seniorwellness/knowledge04.html

Yahoo!ニュース:高齢ドライバー500万人時代 免許返納いつ?

http://news.yahoo.co.jp/feature/204

  • このエントリーをはてなブックマークに追加