お知らせ

鬼と一緒に風邪等も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

775a19ebcef0462e6bd2f682a9f87bd9_s

‘福は内。鬼は外。’

節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。

一番寒いこの時期は風邪などの病気も一緒に払いたいものである。

 

 厄年の時に、川崎大師へお参りに行った。

節分の時にしかもらえないお守りとお豆をいただけるというので、節分の日がちょうど土曜日ということもあり、お参りに行ったのだ。

予定があり、早朝に出かけたため、豆まきには参加できなかったのだが、しっかりと縁起物のお豆とお守りをいただいた覚えがある。

せっかくの縁起物だからと、お世話になっていた方々にお配りさせていただいた。特に年配の方々は縁起物だと大層喜んでくださり、こちらが恐縮してしまうぐらいだった。

そういえば小学生の時は、リュウマチで外出がままならない祖父に、地元の神社の豆まきに毎年参加し、お餅やお豆をいただいていた。ある年、学校からの帰りが遅く、行けなかった時がある。普段は感情を出さない祖父がとてもがっかりしていたので、申し訳なく思った覚えがある。

豆や縁起物には関心を示さなかった父であったが、突然恵方巻きが食べたいと言い出したことがある。関西に親戚を持たない私たちにとって、それまでご縁がなかったものなのだが、どうしても食べたいというので、買ってきたことがある。結局は太巻き寿司が食べたかっただけのことだったのだが。

元々食べることが好きだった父であるが、晩年は好みも大きく変わっていった。突然の好みの変更にはこちらも振り回されることもしばしば。

嫌いだったものを好きだといったり、もっと食べたいといわれても。

“ありません。急には。”と、なる。

すると突然、 “俺には食わせないのか!”と 怒り出す。認知症の症状か?と思われる言動も。

しかし、好みの変更を急に言われても、こちらとしては困るのである。食べ物が絡むといつもの会話なのだけれど。

 

家族の豆まきのおかげか、父はお正月には体調を崩すことはほぼ毎年なのに、節分の頃は全く風邪も引かず、体調を崩すことはなかった。父は豆をまかなかったから、恵方巻きのおかげかも?

父はほとんど風邪やインフルエンザにかかることがなかったが、季節の変わり目、体調には介護される側もする側も十分に気を付けたい。

 

暦の上では春をむかえる。

昔の人の思いと一緒に福を呼び込んでみては?

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加