お知らせ

高い声?低い声?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢の方と話す時、どんな声のトーンで話しているか?自分で意識したことがあるだろうか。

大きな声で、耳元で、高い声で話していないだろうか?

耳が遠く、聞こえが悪いのだから、高い声の方が聞こえやすいと思ってしまう。227689

 

耳栓をしている人に話しかけるのと一緒のような状況と考えてしまうからかもしれない。

 

実はこれ、伝わらない。電話の場合は特に。

私も福祉関係の仕事をし始めたころ、電話口で、必死に大きな声で話していた。

 

そんな時に、ベテラン看護師さんが教えてくれた。

“高く・大きな声で、子供に話しかけるようにはNG”聞こえ辛いし、相手は大人。

“低めの声で少し大きく・ゆっくり・はっきり・言葉をシンプルに、がOK”伝わりやすい。

 

加齢と共に高音から聞き取りに辛くなるといわれている。

これは単にボリュームのことだけではなく、言葉を聞き取る力が低下し、高音域側の子音が聞き取りにくくなる症状もあるようだ。これは、母音に比べて子音の方が周波数が高いことも理由の一つ。

 

最近では企業・大学・専門家らの研究で高齢者がどのように聞こえているのか疑似体験できるアプリ「ジェロトーク」(※下記参考:日刊ゲンダイ記事)が開発され、コールセンター等の研修に利用し売り上げを飛躍的にアップさせているそうだ。

 

高齢者にどのように聞こえているか、サンプルがついているサイトを発見!!

普通の会話と話し方を変えた会話が聞ける。

【MY介護の広場】

http://www.my-kaigo.com/pub/individual/chiebukuro/taiken/choukaku/

 

聞いてみたが、こんなに聞き辛いものだと客観的に理解できる。

 

頭では分かっている。だから仕事だとできるのに、家族だと難しい。感情的になったり、数回聞き返されると面倒くさくなってしまう。必死になればなるほど声が高く大きくなっていた。

と、いう事は、父との会話、伝わっていないときの方が多かったのだと、今更ながら…。

 

一般的には30代から症状が現れるらしい。

でも本人は気が付いていなかったり、認めていないこともあるようだ。

自分自身でも気が付かないうちに聞き間違ったり、よく聞こえなかったりしているのかもしれない。他人ごとではないようである。

 

【参考】

○聴力について

http://www.hearing-store.com/hypacusis.html

○日刊ゲンダイ記事:耳の遠い老人の“聞こえが分る「ジェロトーク」って何?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150814-00000017-nkgendai-hlth

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加