お知らせ

在宅介護でお世話になる方々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。

仕事として見ているとあまり感じなかったのだが、要介護者の家族としてかかわると、その多さにビックリ。

新しいサービスの利用をするたびにケアマネージャーと責任者、実際に来てくださる担当の方が自宅に来る。そして担当が変わる時もまた同様。家や家族の状況を確認し、要介護者へのサービスのため、そして何かがあったときのために責任者が同行するのは理屈ではわかるが、家族側から見ると結構頻繁に誰かが来ているように思う。そしてこれに時々実習生の動向もある。ヘルパー、福祉関連の資格、看護師、教師、公務員と介護の実習が必要な資格は多い。仕事として実習生の動向等もしていたので、必要なことと割り切っているが。

 167356

 逆の発想をすれば、在宅での介護はそれだけ多くの職種の方々に支えられているとも言える。

医者・訪問看護士・ケアマネージャー・ヘルパー・デイサービス・リハビリ・ショートステイ・マッサージ・認定調査員・福祉用具の貸し出し・ボランティア等々は介護保険や健康保険で使えるサービスの一部である。

要介護状態の家族がいなければなかなかかかわることがない職種も多い。

 人が来るのが嫌だ、面倒くさいと、私はまだ大丈夫等と思う方もいると思うが、在宅での介護を支えてくれるエキスパートばかりだ。それぞれが持っている専門性と情報はとてもありがたいものである。

 それぞれの役割や専門性を踏まえてサービスを使ったり、考えたりすると在宅介護のサポートとしてもっとお願いしたり、教えてもらえることがあるので、そんな面を考えながらサービスを活用してみてもいいのでは?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加