お知らせ

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

kaidan

 

 

 

 

 

 

 

「親に介護が必要?」

「退院後どうしよう?」

と、思ったらまずは地域の『包括支援センター』が窓口に。

もちろん他にも高齢者が自宅や地域で生活できるように必要な介護サービスや保健福祉サービス、その他の日常生活支援等の相談に応じてくれる。

 市区町村によるが、おおよそ中学校区を一区画として『日常生活圏域』と呼び包括支援センターが一つ配置されている。介護や地域に関する資料が置いてあるので、相談がなくても、もしもの時のために場所の確認がてら、高齢者用の資料をもらうだけでも、気軽に立ち寄ることもできる。

 

 包括支援センターには専門職として主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師等が基本的に配置されているので、総合的に相談を受ける体制が整っている。

 

○住民に対する主な業務

  • 総合相談支援事業

様々な相談に幅広く対応してくれる

  • 権利擁護業務

高齢者に対する虐待防止に関することや権利擁護に関すること

  • 介護予防・ケアマネジメント業務

介護の予防に関することや要支援と認定された方の予防プラン作成

  • 介護予防支援

地域の高齢者の状態を把握、介護予防の推進

 

介護に関することで困ったらまず、最初の窓口になるところ。

介護予防に関する支援も行っていて、介護保険利用の最初の窓口にもなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加