お知らせ

ケアする人にもケアを!  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

88514e1134932cbc42e4257325d8c0f2_m

 

 

 

 

 

人は天災に対し何もできないのかと、自分のできることの少なさに歯がゆい思いをしております。

そしていざ災害になったときに備えて、何をどうするのか考えておかなければならないと改めて思っています。

 

介護・福祉の仕事をしているとき、現場に携わっている方々、いつも元気で、一生懸命に仕事をしている姿を見ながら、この方たちが元気でいられるような仕事をしたいといつも考えていました。

よく気が付いて、笑顔が絶えない人は、その陰で、たくさんの経験を通して、考え、実行していく行動力と、人一倍熱心に勉強をし、働いている姿を見てきたからです。でも、いつも自分のことは後回しにせざるおえない、家族や友達にも頼れない状況も見てきました。

被災された方の心のケアを十分に行われる体制がすぐに取られるようなシステムがさらに充実することを祈りつつ、大変な現場に関わっているプロフェッショナルな方たちにも、ケアが行き届くシステムが充実することを思わずにはいられません。

 

ケアする人・サポートする人がしっかりとケアを受け、心身共に健康で、これからの復興の立役者として活躍できることが、被災地に必要なことの一つではないかと改めて考えます。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加