コラム

国際福祉機器展2015へ行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

③  昨年に引き続き、東京ビックサイトで開催されている“国際福祉機器展”へ行ってきました。

 広い会場にたくさんの分野のアイテムが紹介されています。

○車

介護用の車といえばタイプが決まっていたのが、車いすごと搬入できるキャンピングカーや障害がある方が自分で運転できるスポーツカータイプのもあり、好きなタイプの車や使いたい用途に合わせて選択肢が増えていることに嬉しくなってしまいました。

○ベッド

以前は足や頭の上げ下げが中心でしたが、昼間はベッドの高さで、寝るときは床に近い高さにさげられるタイプなど、事故や使い勝手に考慮されたものもありました。

布団かベッドの2択を迫られることなく、生活シーンに合わせて変えられるのは便利です。

○見守りようソフト等

タブレットやスマートフォンの普及に伴い、それらを活用した見守り等ができるサービスも増えていました。②

○新素材

介護用のユニフォームが入浴介助などで濡れてもすぐ乾くとか、スプーンやフォークの持ち手等がより使い勝手がよくなるために使われていたり、様々なところで新たな商品がありました。

○車いす用品

車いすなどに長時間座っても疲れにくい様なマットや立ち上がる時に後ろが上がり立ちやすくなるものなどもありました。

○リハビリ用ロボット

最近のロボット研究は素晴らしい進歩だとニュースや新聞等でも取り上げられていますが、脳の動きを察知するアシスト機能がついているものなどもありました。

 

新しい視点で新しいものがたくさん開発されていてる福祉機器。

当たり前だと思っていることが当たり前ではないことも多いようです。

介護保険の範囲内で使用できるものは少ないかもしれませんが、“あったらいいな”が意外とアイテムになっていることもあるかもしれません。こんなことができないのかな?こんな風に使えるといいな?を探してみると意外と自分の介護に役に立つものが発見できるかもしれません。

 ②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加